不安だらけの人生


 
大学時代に本を読んだことがきっかけでスピリチュアルに興味を持ったものの、私はスピリチュアルに関する知識をあまり広げないまま時が経ちました。夢物語みたいなスピリチュアルを掘り下げたかった訳ではなく、現実世界で生きるのが少し楽になるような観念(輪廻転生について)を得たことで、少し楽なっていたからです。
 
なのでスピリチュアルやオカルト、宗教などの違いも分かっていませんでしたし、パワーストーンや占いもそれらに関係するのかしないのか、何となくよく似たカテゴリーのような気がするけど…というとらえ方で、良く知らないままでした。

スピリチュアルについてはもう少し知りたいとは思って本を読んだりはしていましたが、同時にスピリチュアルなどの「ある考え方」に熱狂的に傾倒する人たちには多少の脅威を感じてもいました。
 

  
私の実体験で例をあげてみます。
 
私は小学校の頃からパワーストーンが好きでした。
雑誌などの後ろの方のページに載っていた「これを付ければ願いが叶う!」みたいな売り文句のブレスレットの広告を見ては欲しいと思っていました。
  
また、純粋に様々な色の石がきれいだとも思いましたし、「この石は地中でこのようにして形成され、硬度はこのくらい。この産地で掘られて、あまりたくさんは取れない貴重なもの。」というような地質学的な側面を知るのも面白いと思いました。
 
でも残念ながら、私は霊能力があるわけでもサイキック能力があるわけでも神秘的な体験をしたわけでもなく、普通のなんにも見えない・感じない人生を歩んできています。
私には感じ取ることができないけれど、もし、パワーストーンショップの店員さんが言うように、本当に天然石に「恋愛に効く」などの効果があって、何らかのパワーで人を助けてくれるのならば、是非それにあやかりたいとは思っていました。
 
私の知らない神秘的な世界があるのであれば、私にわかるように説明して欲しい、もしくはエネルギーなり何なり視認できるものを見て、私が納得するような証拠を目にしたい、と思っていました。
 
そんな風に天然石やそのパワーと言われるものにはとても興味があって、ショップに行ったり天然石のサイトを見るのは大好きですが、天然石を好きな人と話すのはあまり気が進みません。
 
石の上に手をかざしたりして「ね?何か感じるでしょう?この石は力があるのよ!」と、「石にはパワーがある=天然石が好きな人にとっては周知の事実」のように言われる方が多かったのですが、十分に理解ができません。
私にはそんな目に見えないエネルギーは感じられないのです。「ね、感じるでしょ?」と主観を押し付けてくるだけではなく、そんな特別な視る、または感じる能力のない一般人の私にも理解ができるように、どのように石に力があって役に立ってくれるのか、分かりやすく説明が欲しいと思いました。
 

 
ある時は、特定の宗教を信じている人に「この神様を信じるとあなたも人生をやり直せるのよ」と言われ、「あなたが私の人生の何を知っているのか。なぜ私の人生が崩壊しているかのように決めつけるのか」と思いました。「自分の信じている神様を信じる以外は道は無い」と、異なる意見や思想を受け入れないのに、自分の信念は絶対のものとして押し付けてくる一方的な感じが嫌でした。
 
別の宗教を信じている人が、その宗教特有の治療(?)を施して、効果をはっきりと感じていない私に対して「ね?楽になったでしょ?」(なぜ私の意見を聞かずに『当然楽になったはず』という思い込みを押し付けてくるのでしょうか…)
 
お坊さんの講和で「『南無阿弥陀仏』を唱えるとお釈迦様がそばまで近寄って来て『私が付いていますよ、あなたは大丈夫ですよ』と言ってくれるのです。」と話しているのを聞くと、「この人は本当に物理的にお釈迦様が近づいてきてくれると心底思っているのだろうか。もし本当にお釈迦様が近づいてきてくれているのであれば、その姿を見せて私に心底仏教を信じさせて安心させてほしい。」と思いました。
(その時聞いたお話をうろ覚えの記憶で書いていますので、もし内容に間違いがありましたら仏教に関係している方々には深くお詫びいたします。)
 

 
スピリチュアル、宗教、パワーストーンの効果を信じるというカテゴリーの人たちの違いを理解していないので、実例がごっちゃになっていましてすいません。そして何だか宗教の例が多くなりましたが、宗教を否定しているわけでもありませんので誤解の無いようにお願いいたします。
 
とにかく宗教なりスピリチュアルなり何なり、特定のものを信じている人たちの多くが、知識のない素人の私に、何の説明も無しに頭から目に見えない世界の話を周知の事実のように押し付けて、さらに共感を求めてくる機会に多く遭遇しました。
最初から意見を押し付け気味にしてくる人に対して色々質問すると、強引に入信させられてしまったり、石を買わされてしまったりしそうな気がして、いつも興味津々のくせに興味が無いふりをしていました。
 
もし自分が「この宗教を信じたら私の人生は幸せになりそうだ」と納得できる説明に出会えれば、入信したと思います。だって私は輪廻転生を信じることにした時に、神様の存在も信じることにしましたから。
この生きにくい人生が、自分の考え方ひとつで前向きに幸せに生きられるようになれば、例えその信じているものが科学で証明されていようがいまいが、どうでもいいじゃありませんか?人生は幸せに生きた方が良いですよね?
 
ただ、「信じてみたい」と思える、「これを知れば幸せになれる」と確信できる観念にまだ出会っていませんでした…去年までは。
 

 
何の信じるものも無く人生を生きるのは、不安や不公平や理不尽が多すぎると思っていました。
 
なぜお金持ちといつもお金に困っている人が存在するのか?
なぜ食料が無くて餓死する人がいる国と、たくさんの食べ物を廃棄する国があるのか?
なぜあの子の親は優しくて、私の親は厳しいのか?
病気になって動けなくなったりしたら、人生終わり?
事故にあったりして体が不自由になるかどうかは、単に運に任されているのなら、とても恐ろしい。
 
人生全てが偶然のたまものなら
お金持ちの家に生まれた子、甘い親の子がうらやましい。
美人がうらやましい。太らない体質の人がうらやましい。
とりあえず飢えて死ぬことは無さそうな日本に生まれてまだラッキーだった。
 
と、人と比べたり羨んだり、不運を嘆いたり後悔したりと、不満がいっぱいの人生でした。
 

ちょっと視点を変えるだけで感じられる幸福感を、
是非たくさんの方々にも感じてもらいたいと思います。
 
生きるのがちょっと楽になるヒントを書いた
メルマガを配信しています。
幸せを感じる為のきっかけを見つけていただけましたら幸いです。

メールアドレス: (必須)

生きるのが面倒くさかった私

はじめまして、宮西万理です。
私は今、スピリチュアルライフコーチとして活動を始める準備をしています。
 
今日は、私がスピリチュアルに興味を持ったきっかけを書いてみたいと思います。
 

生きるのが面倒くさかった私


今思い返してみると、最初に私が生きる意味のようなものを考えたのは子供の頃でした。
「今、どうして体を持ってここに居るのかな?」
と、ふと思ったことを覚えています。
 
こう思った前後の詳しい状況は思えていませんが、小学校低学年の頃にその疑問を持ったことだけははっきりと覚えています。
 
生来怠け者の私なので、もしかしたら色んなことが面倒臭く感じて
「どうして毎日宿題しないといけないの?どうして漢字を覚えないといけないの?」
という発想から、

「なんでこんな、面倒くさいことをたくさんやらないといけない人間として生きているんだろう」

という疑問につながったのかもしれません。
 

 
実家では物心ついたころから猫を飼っていました。一日中、好きな場所で寝たり、ご飯を貰って好きなだけ食べたり残したり、外で好きに遊んだり、気が向いた時だけ飼い主に撫でられたりしている猫を見ては、
 
「人間みたいに責任や義務は無いし、なんて気楽で自由なんだろう。私も猫に生まれたかった。」
 
と考えていました。
 

 
その思いは成長しても続き、

なんで勉強しないといけないんだろう
なんでズルしちゃいけないんだろう
なんで人と協力しないといけないんだろう
なんでやりたくないことでも頑張らないといけないんだろう

なんで、なんで、なんで…
 
怠けて、めんどうくさい事は避けて、好きなことだけして、嫌なことは人任せにして生きてれば楽なのに、あえて楽な道を避けて誠実に、まっとうに生きる意味が分かりませんでした。
 
個人が自分勝手に好きなことをされたのでは周りに迷惑が掛かります。
人は一人では生きられないのは頭ではわかっています。
人と共存して生きるためには、個人に真っ当に生きてもらわないと困るのも分かります。
でも、感情としては「なんで私が自分を犠牲にして他人の為に我慢しないといけないの?」という思いが拭いきれませんでした。
 
気配りができて、周りの人にも優しくて、人の仕事を手伝ったり、時には他人の失敗をフォローしたりなんかして、仕事もできたりする明るい人を見て憧れたりはします。
でも自分がそんな風になれるとも思えないし、わざわざ頑張ったり努力したりして、そうならなければならない意味も見出せませんでした。

学生時代の勉強なんて特に。
暗記が嫌いだった私は、最も基本である元素記号を覚えるのをそもそもあきらめて、化学のテストでは11点を取ったこともあります。漢字テストではいつも成績が悪かった為、たまに気が向いて勉強し、少々良い点数を取った時には先生がびっくりして「皆さん、あの宮西さんが、こんな点数を取りました。素晴らしい!」とクラス全員に声高々に周知されるほど、普段は悪い点数ばかり取っていました。

私が怠けていると、周りは「頑張れ」「努力しろ」と言います。
でもなんで?やりたくないのにどうして?
頑張るなんて面倒くさいし好きでもないのに何で?
頑張ったって報われないかもしれないんだから、今やりたいことだけやって自由気ままに生きる方が簡単で楽でしょ?
 
そんなことを声高に言ったら人に嫌われるので、密かに心の中でこの疑問を持ち続けていました。
 

スピリチュアルとの出会い


 

 
大学生の時だと思います。私が読書好きなことを知った先輩が、本を貸してくれました。
 
その本のタイトルや詳しい内容は覚えていないのですが、スピリチュアル系の本だったのだと思います。その中に輪廻転生について書かれている箇所がありました。
 
「人間は死んだらそれで終わりではなく、同じ魂が何度も転生を繰り返して更なる成長を目指している」
 
こういう考え方があるというのを初めて知って、すぐ「この考えを信じよう」と思いました。
例えそれが万人が信じる事実でなくても良いと思いました。
現実からかけ離れた絵空事でも良いと思いました。
 
誰が信じていなくても、輪廻転生はあると思う事で、私自身が人生を前向きに生きることができると思ったからです。この観念が、この面倒くさいことだらけの私の人生をより良くしてくれることを感じ取り、これを信じるという選択をしました。
 
そこから私は「そもそも成長のために生まれてきているのだから、頑張ってより良い人間になろうとするのは意味がある。」と考えられるようになりました。 
 
何かしないといけないことがあると、「めんどうくさい」と感じる心は変わりません。でも、そう感じた時の自分の反応が変わりました。以前は周りに言われて仕方なくやっていたことが、実は自分の成長のためになるのかもしれないと思うと、面倒ながらも少し前向きに頑張ることができました。
 
私はこの時に、周りに言われて嫌々生きる人生を止めて、自分のために一生懸命生きる方向性を見つけたと思います。あの時あの本に出合ったことが、私の考え方という点においての、人生のターニングポイントとなりました。

余談

 

 
ここでちょっと自分をフォローしておきたいと思います。
とっても面倒くさがりの私ですが、好きなことに関しては熱中して根気強くやり続けることができました。

もの作りやアート関係の作業は大好きで、いつまでも続けることができます。
休み時間にずっと漫画を描いていたり、学校から帰ったらひたすらフェルトでマスコット人形を作ったり(母が大事に保管してくれていたのですが、大人になった今見ても手が込んでいるものでした。)、長期休暇の宿題でフランス人形を作って展示会に出品してもらったり、手芸部に入ってあらゆる手芸キットを制覇していったり、大人になっても公募ポスターをデザインしてそれが採用されたり、レザークラフトの公募展で入賞したりしたこともあります。
 
好きなことに関してだけは、頑張ることができたのです。
 
 

ちょっと視点を変えるだけで感じられる幸福感を、
是非たくさんの方々にも感じてもらいたいと思います。
 
生きるのがちょっと楽になるヒントを書いた
メルマガを配信しています。
幸せを感じる為のきっかけを見つけていただけましたら幸いです。

メールアドレス: (必須)


 
セッションのお問い合わせはこちらからお願いします。