自分を褒めてみよう

私は
何かやらなければいけないことがあると
まず思うのが
 
「面倒くさい」
「さっさと終わらせたい」
この2つ。
 
 
“めんどうくさい”という感情は
誰にでもあるものなので
これで普通だと思っていましたが…
 
でも、たぶんなんですが
私は人よりもめんどうくさがる度合いが
ちょっとばかり大きいようです。
 
 
 
そして、
「さっさと終わらせたい」
 
 
これも何する時でも思っちゃうんですよね~
なぜだか。
 
 
 
“面倒くさいと思うからいけない” とか、
“さっさとやるから良い” とか
良い悪いの問題ではありません。
 
『わたしはそう感じてしまう』
っていう、
ただの特性です。
 
 
 
やってしまいがちなのは…
 
自分の特性を
「○○だから私はダメなんだ」
と考えてしまうこと。
 
 
 
自分が感じること、
自分の特性を否定しても
暗い気持ちになるだけ。
 
 
 
自分を否定して楽しいですか?
気持ちよく、毎日を送れますか?
今日を楽しく過ごせますか?
 
そんなことないですよね。
 
 
 
楽しくならないことならさっさと止めて
楽しいことをやりましょう。
 
 
どんな自分も
すなおに認めて
ほめてみましょう。
 
 
だれかから褒められると
嬉しいですよね。
 
でも自分の幸せを
ほかの人の行動に任せていたら
なかなか幸せにはなれません。
 
だったら、
わざわざ誰かが
褒めてくれるのを待たなくても
自分で褒めても良いワケです。
 
 
 
めんどうくさがりの私を
褒めてみます。
 

わたしは
こんなにもめんどうくさがりなのに
毎日仕事してるし、
新しいことを学ぶのは好きだし、
洗濯してるし
ときどき掃除もするし
運動も始めようとしてる。
 
めんどうくさく感じない人は
普通にサラッと
やってることかもしれないけど、
 
めんどうくさいのに
ちゃんとやっている私って
スゴクない?

やろうとしただけでも
すばらしくない?
 

 
 
自分を褒めることを続けると…
 
今まで自分の短所にしか
目がいかなかった人も
だんだんと
長所を見つけられるようになってきます。
 
自分を認められるようになります。
自己肯定感が上がります。
 
 
 
ぜひ自分を褒めてあげてください。
最初は無理やりにでも良いから。
 
 
自分の幸せを自分で作りだせるようになったら
だれかに頼ることなく
自分の力で幸せを引き寄せることができます。
 
それは
だれにでもできること。
 
ぜひ、自分を褒めてあげてくださいね。
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA