仕事が向いているかどうかの見分け方

仕事をしていると
時々ツライときがやってきます。

例えば、
・準備に時間がかかる。
・お客様に会う前にはメチャクチャ緊張する。
・1つプロジェクトを終えた後の脱力感がすごい。
・命をすり減らしてやってる気がする。

「他の人ならもっとうまくやれるはずなのに…
 もしかしたら私は、
 この仕事に向ていないんじゃないの?」



私は、たびたび
そんな風に感じてしまいます。



好きで始めたことなのに
ツライこと、大変なことだらけ。
作業が思ったように進まない。


翌日にお客様との約束を控えて、
うまくできる自信が無い。
不安しかない。
資料に何度も何度も目を通して
再考をくりかえしてはいるけど、
緊張で吐きそう。

本番はたった1時間なのに
いったいどんだけ準備に時間がかかってるんだろ。
なんでこんな向いてない仕事やってるんだろ。


幸いにも、私には相談できる仲間がいました。

「皆はどうしてるの?私、泣きそうなんだけど」
とチャットで問いかけると、
何人もの人が返事をくれました。




中には、すぐに電話をくれた人もいます。

皆で集まって話ができる場所を
用意してくれた人もいます。

動画でメッセージを送ってくれた人もいます。

「これやってみると落ち着くかもよ」って、
瞑想の動画を送ってくれた人もいます。




皆の話をまとめると、
”仕事ってそんなもん” らしいです。


良かったと思えるのは
最後に一言、
お客様から「ありがとう」と言われた一瞬だけ。

それ以外は、ほとんど
ツライ事とか
イヤな事とか
イライラすることとかばーーーっかり。

自分がやりたいと思ってやってることでも
そんなもんみたい。

自分だけじゃないって分かると
不安は消えないにしても、ちょっと安心しました。
この仕事に向いてないとか、
自分がダメだから
こんなんなっちゃってるんじゃないのか、って。


もし、あなたが私と同じように
「あーーーーーーーもうツライことしかない!
 向いてない!自分はダメだ!」
って感じているのなら。

安心してください。
たいてい皆、そうみたいです。



そして、この時の経験から、
「今の仕事が自分に向いているかどうか」
それを判断するよい基準を1つ見つけました。

それは、
「周りにあなたが仕事を続けるために
 応援してくれる人がいるかどうか」


これは、宇宙からのお知らせ。
あなたが一人でくじけてしまわないように。
あなたにピッタリの仕事を
途中で投げ捨ててしまわないように。

そのために、手助けをしてくれる人たちを
宇宙がちゃんと用意してくれているのです。



あなたが
自分がダメな気がして
仕事を辞めたくなって
ツラくなっちゃった時。


どうしたらいいのか、教えてくれる人はいますか?
「いっしょに頑張ろうよ!」って
声をかけてくれる人がいたりしますか?
「私もそうだよ」って共感してくれる人はいますか?

周りに支えてくれる人がいるのであれば、
それは「がんばって」って、
あなたに宇宙が言ってくれているのです。

だから、あなたがツライとき。
自信がなくなって、どうしたらいいのか分からないとき。
この世界で一人ぼっちになってしまったような気分のとき。

「私に道を示してください」と願いながら
誰でもいいので
あなたの気持ちを話してみてください。

家族でも、友達でも、同僚でも
偶然となりに座った誰かでも
誰でもOK。

話して、そして
「もうちょっと頑張ろう!」と思える
ヒントを得られるのであれば
それが宇宙からのお知らせです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA