1600メートルのジャンプ

今日は、ノミの実験のお話。

ノミってすごいジャンプ力を持っています。
どのくらいの力を持っているかと言うと、
ノミは1mm〜3mmぐらいの大きさなんですけど、
およそ2mジャンプできるそうです。

という事は、
自分の体長の約1000倍の高さまで飛べるということ。

人間で例えると、
身長160センチの人がジャンプすると
1600メートルジャンプできると言う事になります。

その辺の低い山なら飛び越えられます( ゚Д゚)


では、そんな凄い跳躍力をもっているノミを
高さ50cmのビーカーの中に入れて蓋をします。
もちろん、ノミがジャンプすると蓋に頭をぶつけます。

そして、何回飛んでも
ビーカーに頭をぶつけるのを繰り返すと
ノミがだんだん学習して、
頭をぶつけないくらいの高さで飛び始めます。

そうなると、
蓋を外してもノミは50cmしか飛ばなくなります。

蓋がもう無いんだから
本当はもっと高く飛べるのにもかかわらず、
50cmのジャンプしかしなくなってしまうんですね。

このノミのジャンプを邪魔するビーカーの蓋が
「制限観念」

これは人間でも同じで、
本当はいろんな可能性があるにもかかわらず、
これまで生きてきた中で
親とか先生とか先輩とか友達から
いろいろネガティブなことを言われ続けて、

もしくは経験した中から
「私はいつもできない」みたいな
低いセルフイメージを持ってしまっていると、
高くジャンプしないことに慣れてしまいます。

なので、本当は2mジャンプできる力を持っているのに、
もう高いジャンプをしなくなってしまう、
そもそもする気がなくなってしまいます。


何かやりたい、やろうと思ったときに

「でも自分にはそんな経験がない」
「自分は大した人間ではない」
「 価値がない」
「器の小さい人間だ」とか、
どこかでそう思っていると、
その通りの人間にしかなりません。

つまり、
本当はもっとやれる力があるのに、やらなくなってしまいます。

こんな自分のジャンプを低くしてしまう制限観念。
あなたは持ったままでいたいですか?
手放したいと思いますか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA