もっと人に任せてみよう

今日は ”他の人に任せる”についてお話します。



「他の人がやるより、自分でやった方が速いから」って思って、
他の人に任せないで自分でやっちゃう。

あなたはそんなことしてませんか?



他の人に任せないってことは
周りの人に成長の機会を与えないこと。

他の人があなたを助ける機会を与えないってこと。

そして、全部の仕事を自分だけで抱え込んで、
人生を雑務でいっぱいにしてしまう行為です。




例えばお子さんを育てるときを思い起こしてみてください。


ある程度大きくなってきたら、
身の回りのこと全部を親がやってあげたりしないですよね。


お箸を持つ練習をして
自分でご飯を食べて、
着替える練習をして、
一人でトイレに行って…

そんなふうに、子供さんが”自分で”できるように
見守って、サポートしていきませんか?



”親がやってあげた方が速いから”
それはもちろんそうです。

そうなんですが、それだとお子さんが自分でやる機会を無くして
成長を遅くしてしまいますよね。



お子さんの自立をサポートするのと同じで、
自分でやった方が早くても
あえて周りの人に任せることは
その人たちに成長の機会を与えることになります。


そして、周りの人が成長する。
他の人もあなたと同じように
その仕事ができるようになる。

そうすると、あなたがぜーんぶ
自分一人で抱え込まなくても
周りの人が助けてくれるようになります。


すると、あなたはもっと
自分のやりたいことのために
時間を持てるようになります。


仕事で
いっぱいいっぱいになっているあなた。

家事で大忙しのあなた。

PTA役員や、子ども会の仕事で大忙しのあなた。

本当は○○もやってみたいのに
時間が無いとあきらめているあなた。


最初はよけいに時間がかかっても
教えるのが面倒でも、
ぜひ他の人に任せることをやってみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA