沈没船から飛び降りる理由

人生、「こんなもんでしょ」って
思ってる人が多いなって思います。
今日はそこのところをお話ししますね。

例えば
・今の仕事はやりがいがあるとか
 好きとかじゃないけど、仕事って
 嫌でも我慢してやるものでしょ。

・夫婦関係冷めちゃってるけど、
 離婚しても生活に困るから今のままで仕方ない。
とか、

・親にいつも
 「こうしなさい、ああしなさい」
 って言われて、本当は嫌だけど
 親の言う事は聞くものだから…

・職場の人間関係にうんざりしてるけど、
 次の仕事が見つかるかどうか
 分からないから、辞めないで我慢してる。
など…

そんな、
「みんな我慢してるんだから仕方ない」
「仕事(とか結婚)って、こんなもんでしょ」
という観念で自分を納得させて、
我慢しちゃってる人が多いように思います。


確かに、
「みんな我慢してる
ことなんだから、それが当たり前」
っていう雰囲気もあると思います。

でも、実際はどうでしょう。

私たちの人生の目的は、
「幸せになる事」なんです。

なのに、
周りの人たちがそうだから。
皆やってることだから。
…って

自分の幸せよりも
「みんなと同じであること」を
優先させている人が多いんですね。



「沈没船ジョーク」をご存じでしょうか。
これは、国民性を端的に表したジョークで、
的を得ていると有名です。

世界各国の人々が乗った
豪華客船が沈没しかかっています。

でも、乗客の数に比べて、
脱出ボートの数は足りません。

その船の船長は、乗客を
海に飛び込ませようとしますが…。

さて、船長が各国の人を
飛び込ませるために言った
言葉とは何でしょう?

アメリカ人には
「飛び込めばヒーローになれますよ」

イタリア人には
「海で美女が泳いでいますよ」

フランス人には
「決して海には飛び込まないで下さい」

イギリス人には
「紳士はこういう時に海に飛び込むものです」

ドイツ人には
「規則ですので海に飛び込んでください」

日本人には
「みなさんはもう飛び込みましたよ」

え、皆さんが
飛び込んだからって飛び込んだら、
自分、死んじゃいますよね?


このジョークでも言われているように、
日本人はみんなと同じであること、
みんな我慢しているんなら、
自分も我慢するものだと思って、
我慢を通しちゃうところがあるんです。

これでは「幸せになる」という
人生の目的からすると
本末転倒なんです。

ということは
「自分の幸せって何だろう?」
って考えないといけない。

本来のあるべき形は
「みんなそうだから」ではなく
「私はどうなりたいのか、
 どうしたら幸せなのか」
なんです。

まずは
自分自身はもっと幸せになっていいんだ
自分の幸せってどこにあるのか
を考え始めてみること。

これが
どの人にも必要な考え方だと
私は思います。

「こうしなきゃいけない」は手放そう!【2】

「こうしなきゃいけない」は手放そう!【1】
こちらから
 
 
何かを許せないと思うには必ず背景があります。
ある人が自由にしている行動が、
自分には許されていない。
(もしくは、過去、許されてこなかった)
 
羨ましい!
 
と思う気持ちかもしれません。
 
 
もしくは、
小さなころから親に教えられてきた観念、
「そんなことをしてはいけません」
と言われてきたことを、他の人がしていたら
それをそのまま自分に当てはめて
 
「私ならそんな行動はしない」
 
「そんなことはしてはいけないはずだ」
 
と思って怒りを感じる場合があります。
 
 
 
でもそれは、
成長の過程で親や先生から教えられてきた観念です。
 
その観念を持っている限り、
あなたの周りには絶えず許せない人が現れ、
あなたをイライラさせることでしょう。
 
 
先ほども言いましたが、
他人を変えることはできません。
 
だって他人は自分と違う観念をもって生きてきたのですから、
あなたと同じ観念を持っていないからって怒る必要は無いのです。
 
あなただって、
あなたが納得できない、他人の観念を押し付けられて
「あなたは間違っている」
と言われたって困ってしまうでしょう?
 
 
だったら、なにか怒りや、不満、違和感を感じた時、
あぁ、
これは自分がどんな観念を持っているのかを
知るための良い機会なんだな、
 
と考えてみてください。
 

 
例えば私は、
時間にルーズな人が信じられませんでした。
 
 
学校には時間前にきちんと行くもの。
 
仕事が始まる15分前には職場について、始業時間と同時に仕事は開始するもの。
 
友達を待たせちゃいけない。
 
そう思ってきたからです。
 
 
これらは一見当たり前のことなんですが、
この観念を持っていると、時間に遅れる人が許せなくなってしまうんですね。
 
「なんで待ち合わせをするといつも私が先に来て、
 10分も20分も待たされるんだろう。
 あの人はなんてルーズな人間だ」
 
「なんであの人は始業時間なのにまだ同僚と話をしているんだろう。
 数分かもしれないけど、私の方が多くきちんと働いているのに
 給料が同じだなんて許せない。」
 
「あの人は時間にルーズなくせに私には別のことで怒ってくる。
 こんな人からのアドバイスは受け入れがたい。」
 
 
学生時代は遅刻するとその遅刻した人を先生が怒ってくれていたので、
「あぁ、やっぱり遅刻するあの子が悪くて、私は正しいんだな」
と、私の留飲も下がっていました。
 
 
 
でも社会に出て何年も生きていると、色んな人に出会います。
 
私は始業20分前に来ているのに、
ある人は始業時間ギリギリ、
もしくはぴったりに来て慌てて仕事を始めるんです。
(当然数分は始業時間が過ぎてから仕事を始めることになります。)
 
 
待ち合わせをすると、必ず遅刻してくる友人。
それも、5分や10分ではありません。
 
「忘れ物をした」
「家事が終わらなかった」
「直前に用事を頼まれた」
 
理由は色々なんですが、常に20分30分遅れる。
理由が無くても、必ず5分程度の遅刻は当然のこと、
その人の中では、
自分が遅刻したとさえ思っていないんです。

 
 
 
「明日の10時にお電話します!」

と言った取引先の営業さん。
 

私は10時ピッタリに電話の前でじっと待っているのに、
10時10分になっても15分になってもなかなかかかってこない。
 
すっごく手持無沙汰で、やっと電話がかかってきた時には
「ただ待ってた私の時間を返して欲しい」
と、イライラが募っています。
 
 
そんな人たちに出会うたびに
「なんでこの人たちは時間を守らないのか?」
 
と思っているうちは、何も変わりません。
 
 
怒りを感じる出来事や人に出会った時に、
「なぜ今私は怒りを感じたのかな?」

 
と自分を振り返ってみて下さい。
 
 

そして例えば、自分は親から

「遅刻するのはいけないことだ」
 
と、
小さなころから教えられてきた経験が
あるのを
思い出したとしたら、

 
それが、自分が親から教わった「観念」なんだな
と理解してみましょう。

 

 
もちろん、時間を守るのは社会人としてのルールではあります。
 
でも、その観念を持っていることによって
他人にイライラしたり、怒りがわいてしまうとか、自分の中に
ネガティブなエネルギーが生まれてしまうとしたら、
 
そのイライラを生む観念を、
大事に持っている必要があるでしょうか?
 
 
「そうは言っても、時間を守るって当然のことだし、
 私の観念が原因だって言われたって納得が出来ないよ…」
 
そうですよね。そう思いますよね。
じゃあ、質問を変えてみましょう。
 
 

自分に良い影響がない観念をずっと持ったまま、
イライラする人生を送りたいですか?
 
それとも
他人の遅刻ごときでいちいち振り回されず、
穏やかな心で過ごせる自分でありたいですか?
 

 
長年持ち続けてきた観念は、
すぐに手放せるものではありません。

でも、まずは
「もう少し時間を守ることに対して
 おおらかになってみても良いかな」
 
と受け取ってみる事。
 
そして、次にルーズな人を見てイラっとしてしまった時に
「あ、また私の観念が出て来てるんだな」
と感じる事。
 
それを何回も繰り返すことで、
だんだんとルーズな人に対して寛容になることが出来ます。
 
これは、ルーズな人をOKとせよ、と
言っているわけではありません。
 
周りの人の行動によって、
自分の感情を振り回されないために
必要な考え方だと思ってみて下さい。
 
今までは「当然守るべき社会のルール」と思ってきたことを、
「この観念を持っていない人もいるんだな」
って思えたらしめたものです。
 
これはあなたがもっと気楽に生きるためのヒント。
 
この考え方を選ぶかどうかはあなたの自由です。
 

「こうしなきゃいけない」は手放そう!【1】

あなたは普段の生活の中で
怒りを感じることがありますか?
 
そりゃありますよね。
人間ですから。
 

 
そりゃあって当然なんですが、
私がうかがいたいのは
例えば、こんな感じの「怒り」。
 
他者に対する
「なんであの人は!」っていう怒りです。 
 
「あの人はなぜこれをしてくれないんだろう。」
「なぜあの人はこんなことをするんだろう。」
「自分の方が頑張っているのに、あの子だけひいきされている。」
「あの人のあの態度は許せない。」
「あの人は常識が無い。おかしい。」
 
そう感じた時には、必ず
必ずですよ。
 
ちょっと落ち着いて聞いていただきたいんですが、
実は、あなたの中に問題があるかもしれないのです。
 
 
「えっ?!なんで!
 おかしいのはあの人で、私は常識的な人間だと思うけど
 なんで私の方が問題があるの!”(-“”-)”」
 
当然ですよね。
そう思っちゃいますよね。
 
 
でも、同じ人を見ても、
何も感じない
全く気にならない人もいます。
 
むしろその人を好きな人だっているはずなんです。
 

 
だけど、あなたはその人の行動なり
人となりが許せないと感じている。
 
あなたの感じ方の問題なんですね。
 
受け取るあなたの方に、
その人のことを受け入れられないという
「観念」があるっていう事なんです。
 
 
あなたにはその人を変える力はありません。
それは、あなたが力不足だと言いたいのではなくて、
誰も、他人を変える事なんてできないんです。
 
出来るのは自分を変える事。
自分の考え方を変える事。
 
 
その人を
その態度をどう解釈するかで
あなたは世界をどうとらえるか、
自ら選択することが出来るんです。
 
 
ではまず、
あなた自身がなぜ誰かのある行動を見て、
 
「許せない」
 
と感じたのかという原因について
考えてみましょう。
 
 
「こうしなきゃいけない」は手放そう!【2】へ続きます。
 

「自分の感覚」だけが大切①

あなたは「人の意見」が気になりますか?
 
例えば何かを始めようとした時、誰かに意見を求めますか?
何かを選ぶ時でも、他人の認証が無いと不安に感じたりしていませんか?
 
どんな時でも、何を選ぶ時でも
大事なのは
 
「自分がどう感じるか」
 
これだけです。
 

 
何かを決めないといけない時、
まずは親に相談する
もしくは友達の意見を聞く。
そしてその人たちが良い顔をしなかったら、とりあえずやめておく。
 
もしかするとそんな方もいらっしゃるかもしれません。
 
ですが、他人の意見を聞くという事は、
自分の人生なのに他人の意見にゆだねてしまっているという事です。
 
そうは言っても、
自分で選んで失敗したことがあるし、自分で決めるのは不安がある…
親の意見も聞かないと、怒るから…
自分一人でできるかどうか分からないから他の意見も聞きたい…
自分で決めると周りにどんな風に思われるか…
 
そう感じてしまうのもよく分かります。
私も、自分の意見を強い口調で
押し付けてくる人が周りに居た経験があるので、
「言う事を聞いておかないと面倒なことになる」
という感覚は長らく持っていました。
 
 
でも、質問を変えて考えてみてください。
 
あなたは他人の人生を生きたいですか?
自分のために生きたいですか?
 
これならどうでしょうか。
現在あなたが置かれているしがらみや環境、
人間関係のことは一旦忘れて考えてみてください。
 
「そんなことできない」という思考は、
とりあえず今は横に置いといてください。
 
自由に、あなたが本当に選びたい人生を選べるとしたら、
「あなたは他人の人生を生きたいですか?
 それとも自分のために生きたいですか?」
 
 

あなたはもっと幸せになれる

例えば、あなたが今
こんな考え方に賛同できるとしたら。
 

 
・生きるのにお金が必要だから嫌々仕事に行っている。
 
・毎日さほど楽しくないけど、こんなもんだろうと思っている。
 
・嫌な人間関係を我慢して暮らしている。
  例えば、夫婦関係
   たくさん我慢していることがあるし、
   相手に愛情もあまり感じなくなってしまったけど、
   結婚ってそういうものでしょ?
 
  親子関係
   どうも親とうまくいかなくて、いつも揉めてしまうけど、
   親の世話は子供がするものだから我慢している。
 
  上司、同僚、後輩
   どうしてもうまくコミュニケーションが出来ない。
   そのせいで、仕事もスムーズに進まなくなってきている。
  
  友達
   今までずっと仲良くしてきたけど、
   定期的に長電話がかかってくるのがつらくなってきた。
   自分がやりたいこともあるのに…
 
・生きる意味を見出せない。
 
・自分に価値を感じない。
 
・何をするにも自信が無い。
 
 
もし、あなたが今
こんなことを感じているとしたら、


とてももったいない!
 
あなたの人生は可能性に満ち溢れているはずなのです。
 
 
 

生きるのは楽しい

 
本来、生きることはとても楽しい事なんです。

考え方を変えるだけで、
起きた出来事のとらえ方を知るだけで、
人生はもっとエンジョイできるのです。
 
もしそれが本当なら、
そんな方法を知って見たくないですか?
 
 
どんな風に?
何を変えればいいの?
 
 

まず頭に入れて欲しいのは、
人生で起こる事、全ては学びの機会だという事。
 
何か、嫌なことが起こった時に
「うわー、私ってついてない!」
って思っちゃってませんか?


「あの人のせいでこんなことに!」
 
「あの時私があんな行動しなければ、
 こんなことにならなかったのに!」
 
そう思ってしまうのは良く分かります。
 
 

私も以前はそう思って、
嫌な出来事があった時に
自分の取った行動を公開して嫌な気分になっていました。
 

宇宙の真実とは
 

ですが、ここで皆さんに知っていただきたい
宇宙の真実があります。
 
 
人生の大きな出来事に偶然はありません。
 
 
あなたが経験した大きな出来事、
人生を変えた出来事には、意味があるのです。
 
 
 
あなたの人生を紐解くヒントは、
あなたの人生の出来事の中にあります。
 

 
 
あなたは生まれる前に、
自分の人生の大まかな脚本を描いて生まれてきているのです。
 
そしてその脚本は、あなた自身が描いたものなんです。
あなたが望まない脚本、計画していない出来事は起こりません。
 
 

計画していない出来事は起こらないとしたら、
何かが起こった時に
 
「なぜ私はこの出来事を人生に組み込んできたの?
 どんな意味があって、この出来事を経験するようにしたの?」
 
そういう風に別の視点から
その出来事を見る力が養われてきます。
 

 
あなたは意味があって生まれてきたと考えたことはありますか?
 
あなたが生まれてきた理由が知りたくありませんか?
 
 

 

12ステップライフコーチング

実は、あなたの人生の脚本を知るのに最適な方法があります。
 
12のステップに分けて、人生を分解し、
人生に新しい視点を取り入れるセッションです
 
私が人生で何をやりたいかを明快に示してくれ、
あなたがこれまでどうしてこんな経験をしたかという意味が分かり、
全ての経験が、今のあなたに繋がっているのを実感できるはずです。
 
 
人生で何がやりたいか、
自分が何者で、
何の為に生まれてきたかを確信して生きる事が
こんなにも幸せにつながるんだという事が実感できます。
 
12ステップライフコーチングは、
あなたの人生の大きな導きとなってくれるはず。


 
こんなお話にご興味がある方、
貴方の人生の脚本についてもっと知ってみたいと思う方、
 

まずは体験セッションを受けてみませんか?
 
体験セッションのお申し込みは、セッションのご予約・お問い合わせからお願いします。
 
 

目標達成に必要なこと

目標を立てて、それを達成しようとすることって誰しもありますよね。

一駅分歩いて運動しよう、とか
なるべくエレベーターを使わないで階段を使って運動しよう、とか
勉強のために本を読もう、とか
なるべく自炊してみよう、など
日々の小さな目標もありますし、
 
受験勉強とか、
資格を取って将来の仕事に生かそう、とか
自分で会社を設立しよう、とか
中長期的な頑張りや計画性が必要な大きな目標もあると思います。
 

 
どんな目標でも、毎日コツコツ積み上げて
達成に到達するためには、すっごく大事なことがあります。
 
やる気?
根気?
努力?
プロにアドバイスをもらう事?
 
それらももちろん大事なことなんですが、
私がイチ押しで重要だと思うこと。
 
 
それは「自分をほめる事」!!!
 
 
褒める?
目標達成できてないのに、褒める?
 
そう思いますよね。
 
 
でも
大体誰でも最初はやる気いっぱいですよね。
「よ~し!この目標を達成のために頑張るぞ!」
って感じですよね。
 
難しいのは達成までずーっと努力し続ける事。
 
 
 
何日か経つと、ちょっと飽きてきたりします。
 
そして、効果がすぐに出てないことにがっかりしてきます。
 
「このやり方で本当にうまくいくのかな…」
っていう疑いも出てきたりします。
 

「なかなか結果が出ないな…」とか
 
「こんなに頑張ってるのに、全然効果が出てない気がする」とか。
 
 

さらに、ちょっと気が抜けて、頑張りが足りなかった自分を責めたりします。
 
「今日は全然目標達成のための努力が出来なかった。
なんてダメな自分!」って感じて、
 
最初に立てた目標から
目をそむけたくなってしまったことってありませんか?
 
なぜそうなってしまうのか。
 
 

 
 
それは「できてないことに注目しているから」
これです。
 
 
例えば毎日、寝る前に
自分がやった事を思い返して自分をほめてあげてください。
 
勉強しているのであれば、
 
1つでも問題を解いたこと、
本を1ページ読んだこと、
新しい問題集を買ったこと、
 
何でもいいんです。
沢山進んでなくても良いんです。

少しの進歩に目を向けてみてください。
1mm進歩したことを喜んでください。
 
 

あなたは、今よりもっと
良くなりたいと思うから
努力しているんです。
 
そんな前向きな自分を認めて、褒めてあげてください。
 
 

 
「今日も私は頑張った。」
 
そう思って一日を終えられたら、
次の日も頑張り続けることが出来るでしょう。
 
同じことをしていても
 
「今日私は全出来なかった。
結果も出なかった。
自分はどうしようもない怠け者だ」
 
って思っていたら、
そんな嫌な気持ちで毎日努力を続けることが出来ますか?
 
出来ませんよね。
 
だからぜひ、
自分をほめてあげてください。
 

 
あなたの努力を知っていて
心から褒めてあげられるのは
あなただけです。
 
他の誰があなたの努力を知らなくても、
褒めてくれなくても、
あなただけは、どんな小さな事でも
あなたが頑張ったことを知っているのです。
 
だから、しっかりそれに気づいて自分をほめてあげましょう!
 
そうしたら、あなたに認められたあなた自身は
安心して日々の小さな努力を続けていけるのです。
 

自分はダメじゃない

「思考パターンって、なかなかすぐに変えられないな…”(-“”-)”」
 
と、思う出来事があったので、それについて書いてみます。
 

マインドセット

「マインドセット」とは、考え方のこと。
「無意識の思考パターン」です。
 
例えば、「先入観や思い込み」
 
「物事を捉える上での思考のクセ」
 
「価値観や信念」
 
などの無意識の思考パターン。
 
自分を元気にする良い思考パターン、
ポジティブな思考パターンを持っていたら
人生を楽しめるでしょうし、
 
よろしくない思考パターンを持っていたら、
そんなに落ち込む必要のない出来事なのに
必要以上に落ち込んでしまったり、
 
物事に前向きに取り組めなかったりします。
 
私は過去の経験によって、
良くないマインドセットを持ってしまっているのを
自覚しています。
 

自分は役に立たない?

私は大学時代、就職先の会社など、
色んな場面で、結構コテンパンに
叱られたりすることが多かったので、

「自分は役に立たない人間だ」
 
と思い込んでしまった経験があります。
 
 
そこから何年も経って、
叱られたり失敗したショックも薄らいで、
 
「人間だから不得意なこと、出来ないことはあるけど、
だからと言って私という人間がダメなわけじゃない。

何か出来ないことがあっても、
自分の人間性までダメなんだと思わなくていい。」
 
と、頭では理解しているつもりです。
 
 
でも、その考えはまだ
潜在意識の奥までは浸透してないみたい!
 

鬱々とした気分

 
何故かここ数日、
マイナス思考になってしまっていて、
 
「私は人間が出来てないから
仕事がうまくいかないのかも。」
 
「自分はそもそも性悪な人間なのかも。」
 
という考え方に囚われ、

加えて、
思ったように進まない仕事にも
イライラしていました。
 
 
この間まで頑張っていた勉強にも
前ほど身が入らず、
 
「頑張っても報われないのかも」
 
というマイナス思考が頭の中をグルグル。
 

「そういえば、小さい頃あんな悪いことをした。」
「中学生の頃はあんな事もしてしまった。」
 
と、連鎖的に過去に自分がやってしまった
良く無い事を思い出して、
益々自信が無くなっていました。
 

楽に逃げるな

 
そんな風に、数日鬱々としている時。
ライフコーチの仲間と話していて、
落ち込むきっかけになった出来事を思い出しました。
 
 ☆
  
先日、
受講しているあるセミナーの事務局に
分からないことがあって、
問い合わせのメールを送りました。
 
とても親切に対応してくださり、
丁寧に答えて下さいました。
 
でも、私が勝手に
「こんな返事が来たら良いな」
と、思っていた返答とは少し違っていました。
 
思い通りの答えじゃなかったことで、
過去の否定され続けてきた出来事が
思い出されてしまい、
自分の考え方を否定されたような
気になってしまったのです。
 
そして、それがきっかけで、
落ち込むサイクルに入ってしまったようです。
 
 ☆
 
それを聞いて、彼女に言われた一言に
目からウロコがポロリ…
 
「よく考えたら分かると思うけど、
あなたのことを否定された訳では無いよね?
(確かに、私を否定なんてされていませんでした。)
 
過去の経験と結びつけてしまったことで、
過去自分がそうしていたように
「自分は役に立たない人間だ」と考え始めて、

その「役に立たない人間だ」という事を証明するがために、
子供の頃にやってしまった悪事を
たくさん引き合いに出してきたんじゃないの?
 
今ならしないような悪いことを
過去にしてしまったからと言って、
「だから自分はダメな人間なんだ」
って思い込むのは違うんじゃない?
 
大学時代や仕事先で、上から押さえつけられて
自分で判断することを手放して、
他人の価値観に沿うように過ごしていた経験があっても、
今は自分の価値観で、生きて良いんじゃないか。
 
過去には、周りの人があなたのことを
ダメだとか、これが出来てないとか
言ったかもしれないけど、
そんなのは受け入れなくて良い。
 
今までと同じような考え方をして、
「自分はダメだからできなくて当然」
と思うのは楽だけど、そうじゃないでしょ。
 
今まで通りの勝手知ったる
楽なやり方に逃げるのじゃなくて、
自分が幸せになれる生き方、考え方を選んだらいい。」
 
 
こんなことを言ってもらえました。
 
確かに…!!!
 
思ったように物事が進まないのを、
「自分がダメな人間だからだ」って考えると、
もし失敗しても自分がダメなせいだと思えるし、
 
「どうせダメなんだから努力しても無駄だ」
って、頑張ることを放棄してしまえるのです。
 
うわー、甘えてた!
何てこと!!恥ずかしい!!!
さすがライフコーチ、すごい良いこと言ってくれた!
 
さらに、今回は事務局の方でしたが、
周りに質問するばっかりで、自分で考えることを放棄しちゃってました。
 
わー、ごめんなさい!事務局の方々!
…って申し訳なく思いましたが、すべては双方の学びになるもの。
 
私が質問したことで、事務局の方にも
何らかの学びになったと思う事にして、
自分を責めるのは止めたいと思います。
 
私は何かあるたびに自分を責めながら
生きていきたくはありません。
 
こんな考え方も自分で選べるのです。
 

 
ところで、
「スピリチュアルライフコーチなのに、こんなことで悩むことがあるの?」
と思われた方もいるかと思います。
 
そうなんです。
日々悩みはあるんです。
 
「私はすべての悩みをすぐさま解決する事ができます」
って本当は言いたいところなんですが、
 
頭で「こう考えた方がいい」と分かってても
実際なかなか行動が伴わない。
 
感情が付いていかない。
何てことはざらにあります。
 
でも、悩んだことが無い、悩みもしない、
すべてに完璧な聖者のような人に
 
「こういう風に考えなさい。こんな風に行動しなさい」
 
と言われても、
 
「いや、そりゃあなたはできるでしょうけど!!普通の人には無理だよ」
 
って感じませんか?私ならそう感じます。
 
なので、私は悩みつつ、立ち止まりつつ、
時には過去のトラウマに引き戻されそうになりながら
それでも前を向いて生きていく姿を見せながら、
私と同じような悩みを持つ方々に
寄り添うことができたらと思っています。

「運命」は決まっているのか

皆さんは運命は決まっていると思いますか?
 
最初から決められた道があって、
その通りに生きて、その通りの結果を再現して死を迎える。
 
「運命は決まっている」と聞くと、
全てが決まっているんだと思いませんか?
 

実はそうではありません。
 
運命において決まっているという事はあります。
 
何が決まっているかというと、
大まかにどんな出来事が起きて、
どんな経験をするかという事です。
 
でも私たちがその決まった通りの経験をした時に
どんな反応をして、どのようにその出来事を受け止めて、
どういう結果になるか、そこまでは決まっていません。
 
人が生まれてくる目的は魂の成長の為です。
私たちの本質は魂です。

魂が何度も転生を繰り返し、
肉体をもってこの世の中に生まれてきて
様々な経験をして
そこから学び、何かを得ては魂に戻て行く。
 
その繰り返しを何百回も何千回も繰り返して、
魂が成長していくことを目指しています。


 
魂の成長のために、私たちは生まれてくる前に
どんな出来事を経験するかというのを決めます。
「成長」が目的ですので、当然、
楽しい事ばかりを経験するのではありません。
 
その人本人が最も苦手とする、
越えなければいけないハードルを
人生の各所に設置します。
 
例えばいじめられて悲しい思いをするとか、
親から厳しくしつけられるとか、
上司に認めてもらえないとか
そういう辛い出来事も経験します。
 
それは全て、魂が成長していく上で必要な出来事として、
自らが設置したものです。

また、悲しい出来事、嫌な出来事ばかりではなく、
もちろん楽しい出来事も経験します。
 
人との繋がりを経て人生を楽しむことや、
パートナーを得て幸せをかみしめること、
何か経験をしてすごく楽しかった思い出を作るとか、
そういう事も全て魂の成長のために経験することです。
 
経験に平等不平等はありません。
 
それぞれの人に、
それぞれの魂の成長にピッタリな経験ばかりを
体験するようになっています。
 


 
私たちが生まれてくるのは体験する為です。
時折、今まで経験した事の無い、新しいことを
始めるのを躊躇してしまう人がいると思います。
 
これまでやったことないことを始める不安、
安定した場所に居たところから飛び出す不安、
失敗するんじゃないか
誰かから非難されるんじゃないかという不安、
心配事、色々なマイナス思考が
頭の中をぐるぐる回ることがあります。
 
しかしそこで考えて頂きたいのは、
私たちは経験するために
身体を持ってここに存在しているという事です。
 
経験して学ぶことが大前提ですので、
不安があったり心配があったりしてそこで止まってしまうと、
本来の目的の「魂の成長」から外れて、
何の学びもしていないという事になります。
 
不安や恐れで、ただただ同じ場所に
とどまってしまうというというのは悪い事でしょうか?。

 
時にはとどまって十分考える時間が必要だったり、
感情や心を納得させることが必要な場合ももちろんあります。
 
ですが、恐れや不安にがんじがらめになって
その場にとどまり続けることは消してよい事ではありません。


 
あなたが経験すべきことはあなたの魂が知っています。
あなたは自分自身が
何をしたいと思っているか考えたことがありますか?
 
あなたの魂は、
あなたが生まれる前に決めてきた経験すべきこと、
成長のテーマ、乗り越えるべきことを全て知っています。
自分の声を聴くことで、
自分が学ぶべきテーマに向かって進んでいくことが出来ます。
 
心配や不安を手放してみてください。
あなたの心の声を聴いてください。
あなたの本当にやりたいと思う事に向かって
一歩踏み出すことが、必ず
あなたの成長と幸せにつながっています。
 

【限定3名】無料モニターさん募集中

体験セッションを受けて下さる無料モニターさんを3名募集します。
 
下記の条件を受け入れてくださる方のみ、
無料でさせて頂きたいと思います。
通常価格5,000円の体験セッション)
 
内容をよく読んで頂きまして、ご応募ください。

体験セッション内容

セッション時間:60分~90分
 
方法:zoom(無料のオンライン通話ソフト
 
対象となる方:
スピリチュアルの考え方に関心のある方
相談したい悩みがある方

モニター条件

  
・ZOOMでのセッションが可能な方

セッション当日までに、無料のオンライン通話ソフト
「ZOOM」をインストールしてください。

▼ZOOMの設定方法はこちらをご覧ください▼

[PDFマニュアル]
https://drive.google.com/file/d/0B8eSKgC1pV47MnhlSDQzYjJLMk0/view?usp=sharing

[動画マニュアル]
https://www.youtube.com/watch?time_continue=62&v=2S_UrrTifMQ

※スマートフォンですと通話に問題があることが多いので、
パソコンにインストールすることをお勧めしております。

※通話の際は、音質が安定いたしますので
イヤホンなどをご用意下さいますとありがたいです。

応募方法

 
アンケート内容を、下記のページにご記載頂きまして
ご応募お願い致します。
 
セッションのご予約・お問い合わせ
 

応募必須アンケート

1. 現在のお仕事
2. 仕事内容
3. 嫌いな人、恨んでいる人、
  現在悩んでいる人間関係はありますか?
4. コーチングから得たいものは何ですか?
5. 相談したい内容を教えてください。
 
皆様のご協力をお待ちしております。
 

ちょっと視点を変えるだけで感じられる幸福感を、
是非たくさんの方々にも感じてもらいたいと思います。
 
生きるのがちょっと楽になるヒントを書いた
メルマガを配信しています。
幸せを感じる為のきっかけを見つけていただけましたら幸いです。

メールアドレス: (必須)

自力でしっかり立ちましょう

あなたは「これが無いと生きていけない」
というものはありますか?

家族?恋人?友達?仕事?
ペットやパソコンでも何でも。

自分が生きるのに必須なものってありますか?

物でも人でもそうですが、
「これが無いとダメ」
という状態はよろしくありません。

何かが無いと生きていけない、
誰かが居ないと無理、

依存心は、あなたが本当にその
何かが必要だということではなく、
あなたの心の在り方を変える必要があるという
サインかもしれないと考えてみてください。

例えば

友達が居ないと困る。

と思っているとしたら、
なぜ困ると思っているのか考えてみてください。

「友達にいつも愚痴を聞いてもらっているから。

だとしたら、
友達に聞いてもらわないと解消できないぐらいの
大きなストレスを何とかする方に
目を向ける必要があるのかもしれません。

ストレスの原因が
仕事がつまらない事だったとしたら、
転職することに目を向けてみても良いですし、

親子関係がストレスなのだとしたら、
親と少し距離を置くことを
考えてみるのも良いかもしれません。

「え?親子は仲良くした方がと良いんじゃないの」

それが可能なのであれば、もちろんそうです。

ですが、その関係がストレスになって
自分をすり減らしてしまう場合は、
自分が幸せに楽しく生きるために
その観念を置いておいて、
ご家族を距離を置くのも一つの手です。

嫌いな人が居て、それがストレスなんだとしたら
その人のどこがそんなに嫌なのか、
その人を気にしないで済む方法が
あるのか無いのかに
目を向けてみてもいいかもしれません。

じゃあ、友達が必須な理由が
「一緒に居ると楽しいから」
だったとしたら、問題ないのかなと感じますよね。

でも
「その友達が居ないと生きていけない」
というように依存にまでなっている状態でしたら、
何か解決すべき問題が心の奥に
眠っている可能性があると考えてみてください。

その人以外の他人に心を開けない自分
問題があるのかもしれないし、

その友達に自分以外と仲良くしてほしくないという
コントロールの思いかもしれないし、

友達はずっと一緒に居るべき
という観念を持っているのかもしれない。

もしくは
友達は大事なんだよという観念を
教え込まれて育ってきたのかもしれない。

逆に考えると、
何かに依存しているという状態は
自分の中に解決すべき問題がある証拠なのです。

何かが無いと生きていけない状態では、
その何かを失ってしまった時に
立ち直れないほど落ち込んでしまうことに繋がります。

他にもいくつか例を出してみますね。

【夫が居ないと困る
自分の中の問題の可能性

・夫に収入を頼っているから?
・誰かに一緒に居てもらわないと寂しいから?
・自分を必要とされたいから?

【ペットが死んでしまったら生きていけない】
自分の中の問題の可能性
・ストレスが多いので、
ペットに癒しをもらわないと病んでしまいそう。
・動物の世話することでしか自分の必要性を感じられない。
・人に裏切られたことがあるから、動物にしか心を開けない。

大好きな何かがあること自体はとても良いことです。
ただ、その好き
依存になっていないかどうかは
知っておくことをお勧めします。

【私の依存症】

私自身の体験談です。

以前の私はパワーストーンに依存気味。
購入金額が年々増加していて、

「この勢いで買い続けるとヤバい…
何年か後には何十万もの天然石を買ってしまうかも…」

と危機感を感じていました。
収入に見合っていない金額の
パワーストーンが欲しくなってきていました。

でも、まず「自分は天然石に依存している」
というのを理解して
「なぜ石が好きなのかな?」
と考えると、理由が見つかりました。

パワーストーンショップに行ったことがある方は
経験あるのではないかと思いますが、
店員さんがよく石の説明のパンフレットを
渡してくれたりしますよね。

私は、そこに書いてある
「目標達成をサポートしてくれる」
「恋愛に効く」
などという効果にとても惹かれていたのです。

惹かれた理由は、自分に自信が無かったから。

石の効果に頼って、足りない自分を
補おうとしていたのに気が付きました。

私が欲しかったのは、
自信がついて満たされた自分、
自己肯定感でした。

実際にはパワーストーンを買っても
自己肯定感は出てこないので、
次々に石を買い続ける悪循環に陥っていたのです。

あらあら なんてこと。

そこに気が付いてみると
「私が欲しいのはこれじゃないんだな」
という冷静な視点ができるようになりまして
今では次々に石が欲しくなるようなことは
無くなっています。

たまにはありますよ、買っちゃう時も。
でも常識的な範囲です。

買うことがいけないんじゃなくて、
パワーストーンに依存して
買わないと安心できないような状態が
よろしくないってことです。

依存は、自分が本当にやりたいことが
見つかっていないという証拠かもしれません。

ストレス、変えたい環境や自分の弱さから
逃げる、もしくは見ないようにするための
隠れ蓑なのかもしれません。

もしよければ、あなたも
自分を振り返ってみてください。

自分の中の何かを手放したり、
認めてしまうことが出来たら、
今よりも生きるのが楽になる可能性があるのです。

生きるのがちょっと楽になるヒントを書いた
メルマガを配信しています。
幸せを感じる為のきっかけを見つけていただけましたら幸いです。

メールアドレス: (必須)