‟離婚”という選択肢を持った結果

前回のお話はコチラから
https://spiritual-life-coach.jp/?p=1976


日々、結論が変わった
‟離婚さわぎ”の結末ですが、
結局どうなったのかと言うと

離婚してません。



考える期間を取っているのでも
結論の保留でもないです。
別居もしてません。



『あんなに騒いだのに
 結局離婚してないんかーい( ゚Д゚)』
と思われるかもしれませんが、
「離婚」をちゃんと口に出して
切りだして良かったと思っています。

 

わたしが離婚を切り出した時、
自分のために夫を変えたい
という訳ではありませんでした。

自分のために
相手を変えたいわけじゃない。

夫には
夫の大事にしている理想とか
感性をそのまま大事にしていて欲しい。

だってそれは
夫にとって大事なものなんだろうから。

夫は変わらなくていい。

でも私も
『ここは変わりたくない』
『これだけは大事』という部分がある。




私の理想は
自分一人でも幸せで、
その上で二人でいることで
もっと幸せになれること。


でも、夫の理想は
『二人でいることが幸せ』
のような気がして
すっごく重たかったんです…


夫の幸せの条件に
私が○○してくれることを
必須にしないで欲しい、

そんな感じ。



お互いの理想が食い違っていて、
それを刷り合わすことは
できなさそうに思えました。

だからお互いの幸せのために
離婚するのが最良だろうな
と考えていました。

 

『離婚』って
「しちゃいけない」 とか
「子どものために良くない」 とか
思っている方もいるんじゃないでしょうか。

もしくは
「離婚したら金銭的に困るから…」 とか
「一人で生きるのはさみしい」 とかいう
不安にとらわれて
現状をガマンしていたり
踏み出せない人もいるかもしれません。


だけど、
あなたはいつでも
自分の一番の幸せを選んでいいんです。




私が
「これは私のわがままかもしれないけれど…」
と思いつつも離婚を切り出した結果

夫は
自分が妻に甘えていた、
自分の理想を押し付けようとしていた、
精神的に自立していなかった
これらを自覚した、
申し訳なかった と言ってくれました。


そして
「変わろうと思う」
という言葉通りに
変わってくれたように見えます。
(「まだ短期間だから分からないよ」
 っていうご意見もあるかもしれませんが)


夫が私に求められているものが無くなって
すごく暮らしやすくなりました。

本当に気が楽になって
自分の好きな事に打ち込みやすくなりました。

『夫は理解してくれている』
という信頼感が強まって
話し合いやすくなりました。

自分の幸せを他人に任せない
自立した人になってくれました。



わたし自身は
「夫は変わらない、変われない」と
思い込んでいたことに気が付きました。




私が自分の幸せを求めて
「離婚する」を行動にうつしてみた結果、
夫も変わったし
私も気付いたことがあったし
夫婦関係も修復されました。


今回、わたしは離婚せずに済みましたが
行動したからといって
必ずしも結果が丸く収まるわけではありません。


でも
『離婚』というネガティブそうなことでさえ
明るい未来に繋がっているんだと感じています。

もしあなたが
不安だけにとらわれて
何かをガマンしているのであれば、
ただただ我慢することは
解決にはつながらないという事に
気付いていただきたいと思います。

私の離婚騒ぎが
だれかの一歩踏み出す勇気になれば…
と願っています。

エネルギーを上げる

週末は勉強会に参加してきました。


人と会うっていう事は
人からエネルギーをもらうという事。



私は人と会うのは
そう得意でもないんですが
新しいエネルギーを受け取るために
意識的に人と会う時間を
作りたいと思っています。


今年から、特に意識して。



比較的、1人で動くのが好きなので
ついつい自分の世界だけで
満足してしまうことがあります。


でも、ちょっと外出して
ショッピングモールを歩くだけでも
親切な店員さんがいたり
一生懸命働く人がいたり
オシャレな人がいたり
歩き方のきれいな人がいたり

「こんな人にあこがれる!」

っていう人を見かける機会がいっぱい。


すると、
自分を振り返って反省したり、
「もうちょっと努力しようかな」
と思うことが出てきます。

それは
”劣等感を感じる”のとはちょっと違って、
”自分がもっと良くなっるためにどうしたいか”
を感じられるっていうこと。


ゆったりした服ばかり着てたら
自分が太っていることに気付かなかった!!
ってこととおんなじで
居心地のいい
同じ毎日を繰り返すだけでは
自分のことに気付きにくいんじゃないでしょうか。


だから
買い物中の
「何となく歩いてたら、良い刺激を受けた」
という偶然の出会い以外に

いいエネルギーを受け取る場所を
意図的に作って、意識的に
自分のエネルギーを上げることも大切。


なので
私よりずっと先のレベルに進んでいる人が
主催&参加している勉強会に参加してます。

自分が見えていない視点
考えもしなかったアイデア
自分と違う考え方
新たな気付き

あと、
私ってすぐ気が散るんだな とかいう
自分に対する新たな発見とか
受講生仲間が、イメージと違う印象だった とか
愉快な発見も 笑


同じ毎日だけを繰り返していると
ついつい日常のありがたさを忘れてしまったり
ルーティンだけで満足してしまったり
変化を恐れて動かなくなってしまったりします。

人間ってそんなもんじゃないでしょうか。


日々を大切に過ごすためにも
成長を続けるためにも
あえて変化を取り入れるって大事なんだなと
あらためて実感した週末でした。


あなたは、人生に
良い刺激を取り入れてますか?
エネルギーを上げる人と会っていますか?


あなたの幸せはみんなの幸せにつながる(‘ω’)

離婚で揉めました

年末最後の日ですね。

今年をまーるく納めるような
まとめのお話をしたらいいのかもしれませんが

私の年末は

大荒れです!!!
・・・

 


実は私、ここ数日
夫と離婚するのしないので
毎日メチャクチャもめていました。

 

お互い我慢していたことがあって、
自分が我慢してみたり
話し合おうとしてみたり
考えるのを止めてみたり
色々試したんですが、

もう改善の余地が無い。
この人と居るのは苦しいだけ

終わった…


と思って
離婚を切り出しました。

 

正直言うと、
離婚はすごく怖かったです。

金銭的にも
子どもが悲しむだろうことも
パートナーがいなくなるさみしさも

もちろん不安は山ほどあるし
離婚という選択が正しいのかどうかも
全然分からない。

 

だけど、本来
家族のだんらんのはずの時間を
わたしはぜんぜん
楽しめなくなっていました。


夫の存在が本当に重たくて
1人になりたくて仕方がない。


だから、
離婚を考えていることを切り出しました。

 

もう

クリスマスだから、
今日言うのはいくらなんでも…

年末の今いうのはちょっとどうだろう…
とか言っている場合ではないんです。


世間がどんな状況でも
今、何とかしたいと思っているのは
わたし自身なんですから。

 

例えば
両手に荷物をいっぱい抱えて
歩いているみたいな感じ。


両手がいっぱいで
重いし、歩きにくいし、
走りたくても早く走れない。


ジャンプしたいのに
この状態じゃ絶対に高く飛べないことが
飛んでみる前にすでに分かってる感覚…


だから、もう離婚覚悟で
言いたい事、
今まで言えなかったことを
ぜーーーんぶ言いました。

 

なんだか長くなりそうなので
この続きはまた次回…

自分に優しく

あなたは”自分に優しく”できていますか?

人のことは大事にしなきゃいけない
親切にしなきゃいけないと思ってるけど、
自分にだけ厳しくなっちゃっている人が結構多いです。

他人を大事にするのと同じように
自分自身のことも大事にできたら
ステキですよね。


自分のこととなると、
「決めたことがちゃんとできてない」 とか
「ダイエットがうまくいかない」 とか
「○○で失敗しちゃった」 とか
アラが目につきやすくなって

「私ってダメな奴 “(-“”-)”」
と自分を責めてしまいがちです…

わたしもついつい
やってしまうことが多いです(;’∀’)


でも友達が何かに失敗したとしても
「なんでこんなこともできないの?
 あなたダメなんじゃない?」
って言わないはずなのに、

自分には平気で言うんですよね。
それってよく考えたらおかしくないですか?

あなた自身は
人生で一番長く付き合っていくパートナーです。

甘やかすだけでは良くないですが
いつもいつも厳しく
叱りつけるばかりではダメですよ。

自然派な生活

最近、自然派生活に興味がある私。

塩麴を手作りしてみたり
ハーブを育てたりしています。

1日1回塩麴をかきまぜて
おいしくできる時を心待ちにしたり、

水やりの度に
ローズマリーの良い香りをかいでは
収穫したハーブを料理に使うところを想像したり
毎日とても楽しい(*^-^*)


1日ではお世話の成果が良く分からなくても、
丁寧に面倒をみたら
ちゃんと育ってくれると信じています。

でも
たとえ一生懸命お世話をしてても、
塩麴がカビてしまったり
ハーブが枯れちゃったりすることもあるかもしれません。

そんな時は
枯れてしまったハーブを責めても意味ないし
ハーブを枯らしてしまった自分を責めても仕方ない。

なんで枯れちゃったのかを考えて
次はもっとうまく育てられるように
気を付けたら良いだけです。

ハーブと麹を育てているときに、ふと思いました。

「塩麴やハーブを大事に育てるのと同じ気持ちで
 自分の身体を丁寧にお世話をすると思ったら?」

健康に気を付けるとか、
ダイエットとか
以前よりうまくいきそうな気がしています。


自分以外誰も気にかけない
どうでもいい物だと思ったら
自分の心も体も雑に扱ってしまいそうになるけど、

麹やハーブと同じように
「ここに存在する私」も
天から授かったものだと思ったら。

今よりもっと大事にしたいなって思います。

ハーブを育てることで
自分も大事にしたくなったって
なんだか素敵です。

これもハーブの効能でしょうか?

インスピレーションを受け取るコツ

今日は
”インスピレーションを受け取るコツ”
についてお話します。


勉強中の講座の録画
YouTube
サブスク中の動画配信 など…

私は日中、常に動画を見ています。

空き時間があると「もったいない」って
感じちゃうと言うか、
常に何かしているのが好きなんです。


そんな私でも、
朝一の時間だけは何もしないことにしています。

電子書籍 読まない。
動画 見ない。
なるべく携帯 触らない。

これは、「自分との対話を大事にしたいから。」
これ、すっごく大事なことです。

幸せになるために何が大事って、
「自分との対話」が一番大事!
って言ってもいいんじゃないでしょうか。


そして、朝イチは
”自分の心の声”を受け取るのに
最高の時間なんです。


何も考えない時間を作ることで
悩んでいることの答えがフッと降りてきたり、
良いアイデアが浮かんだり、
あ、これをしたら良いな って感じたり。

それは、常に外から
新しい知識や情報を増やし続けることよりも
ずっと大事なこと。

自分が何をやりたいのか気付くこと、
落ち着いて考える時間を持つこと、
自分の魂の声を聴くこと。

同じ考えが頭の中をぐるぐる回っているのであれば
グルグルしている自分を自覚すること、


それが、とってもとっても
大事だと感じているから、
私は大好きな情報収集を
しない時間をあえて作っています。




朝イチと言うと、
私はよくウォーキングをします。

足を交互に一歩一歩踏み出す。

無心でこの動作を繰り返している間、
自分の心の声を聞こうと意識を向けています。


以前は歩きながら
音楽や
オーディオブックを聞いていました。

でも、朝起きて間もない時間帯って
インスピレーション的なものが
降りてきやすい感覚があります。

自分の心の声を大事にしようと思うと、
この時間帯に自分の耳や目を忙しくして
心の声以外のものに気を取られるのが
もったいないと感じます。

だから、あえて何も聞かない。

この自分の感覚を大事にする時間を
ぜひ意識して作るようにして頂けたらと思います。

自分で判断するのが大事

今日は
自分で判断するのが大事
っていうお話です。



生きてたら悩み事は尽きません。

この判断で良いのかな。
この選択で間違ってないかな。
これで誰かに迷惑をかけたらどうしよう
後悔したらどうしよう。


もう色々考えすぎて
どうしていいかわかんなくなること
ありますよね。

だけど、
そんなに怖がらなくても大丈夫らしいです。

大事なのは
自分の判断、
そうしようと思った感覚を
信じてあげるだけ。


なんでそう言うかっていいますと
神様とチャネリングした人から
聞いたことがあるんです。

神様は何を聞いても
「こうしなさい」とは
絶対に言わないって。

それから、
何を選択したとしても
「よくやった」
と言ってくれたと。


それって
一生懸命考えて、悩んで、
自分で出した決断を信じて
生きて良いって言う事じゃないですかね?


さらに、神様は
「親の言う事を聞きなさい」とか
「人の意見に従いなさい」とは
言わないそうです。


全部は自分の選択でいいみたいです。

そう思ったら、
ちょっと肩の力が抜けませんか?

自分の人生を生きて良いって素敵だと思いませんか?


少なくとも、
世間体を気にしたり
親の意向を気にしたり
人の目を気にしたりしなくて良いらしいので。

悩みどころが減って
気が楽になる方がいたらいいなと思います。

”欲しい物”を意識する

今日は
「自分の欲しいものを知る」のが大事
っていうお話をします。



私は定期的に
自分が欲しいものをイメージします。
紙に書いてみたりもします。

テレビでも雑誌でも
自分が良いなと感じるものがあれば
自分の夢に組み込みます。



それは
自分が何を欲しいのか
何を目指したいのか、分かってないと
手に入れられないからです。



だって、
ゴールがどこにあるのか分かってないと
どっちに向いて走ったらいいのか
分からないですよね。



引き寄せをするにしても、
何が欲しいのかイメージ出来てないなら
もちろん引き寄せられません。



だから
私は定期的に自分に問いかけます。


私は何が欲しいのかな?
私はどうなりたいのかな?
私は今、満足してるのかな?



このイメージ出来てるか、できてないか
これだけで大きな差が出てきます。


すべての始まりは、まず
”意識する”ことですから。



「喉が渇いたな。」
って意識するから
冷蔵庫にお茶を取りに行くことを思いつくし
椅子から立ち上がって
冷蔵庫に向かって歩き始めるし、
「飲みたいのはお茶じゃなくて
 搾りたてのリンゴジュースなんだよね」
って思うわけです。



まずは
自分がたどり着きたい目的地を知る事。

それが欲しいものを手に入れる
最初のステップです。



「自分が欲しいものもの」
ぜひ意識して、
手に入れるための第一歩を踏み出してくださいね。

「土の時代」から「風の時代」へ

早いもので、もう12月ですね。


最近、どこに行っても
「土の時代が終わって、風の時代に入る」
という話を聞きます。


あまりにみんなが言うので調べてみました。

「風の時代」は、

これまでの物質的豊かさや名声、
他人軸といったキーワードからガラリと変わり、
精神的豊かさ、自分の幸せ、
自分軸を追い求める時代になる
だそうです。

占星術系のお話なんでしょうか。

「自分軸を追い求める時代」
これはすばらしいなと思います。

「自分の幸せを求める」のは
「わがまま」なんじゃないかって、

思っている人も多いんじゃないでしょうか。

そして、
自分のやりたいことを我慢して
親の言う事を聞いたり、
旦那さんや子どもを優先したり、
言いたいことを我慢してたり…

でも、もう我慢しなくていいんだよ
わがままじゃないよ、
だいじょうぶだよ

「時代」が、そうやって
背中を押してくれているんだと思ってみてください。


私が最近耳にしているように、
自分の幸せ、
自分軸を追い求める時代になるって
世間が大きな声で伝えてくれているんだから
どうどうと「自分の幸せ」を求めて良いんです。


せっかく「自分軸」の
風の時代に入るのだから、
これを機会にたくさんの人が
まず自分を大切にすることに
目を向けて頂けたらなと思います。

人生をより良くしていく方法

人生をより良くしていく方法はたくさんある。
何かもっともよい唯一の方法があるわけではなくて、
その方法は沢山あって、
その中で自分にとって一番しっくりくる方法を探せばいい。

探す方法は自分が良いと思うもの
ステキだなと思うもの
やってみたいなと思うもの
それをやってみること。

私が最近ステキだなと思っているのは、
京都の築100年の古民家に住み、ハーブを植えて
手作りの暮らしを楽しんでいる人。

ご存じの方もいらっしゃると思うが、
ベニシア・スタンリー・スミスさんというイギリス人の女性です。

貴族の家に生まれ、金銭的には何不自由なかったはずなのに、
貴族としての生き方に疑問を感じて、家を出て世界を旅した。

そして、日本にに住みたいと決め、
畑で野菜を作り、庭にハーブを植える。
自分が作ったものを食べ、生活に生かす。

布や染色、竹細工など
手作りのものを作り出している作家さんの工房、
伝統的な器や道具を作っている会社をめぐって
素晴らしいと思うものに触れる。

沢山の友人。
庭造り仲間、畑仲間、
音楽仲間、手作り好きなご近所さん、
日本文化を教えてもらうお姉さんのような人、
自然な生き方を愛する友達や、近所の子供たち。


本当にやりたい事
自分の好きなことをやって楽しんで生きている彼女の姿を見て、
「羨ましい」と思ってしまう。

でも私は自分が願いさえすれば、
自分もそうできることを知っている。
ベニシアさんと全く同じ生活ではなく、
私が望む私に合った生き方を。

「そんなこと、私にはできない」と思っていた時は、
ベニシアさんの番組を見るのがちょっと嫌だった。
だって自分にはできないことをやって、
自由に楽しく暮らしているのだから
「私は我慢して暮らしているのに、羨ましいな」
と、嫉妬しないワケがない。

でも、今
私は「そんなこと、私にはできない」を
ちょっとづつ手放そうとしている。

・家族が反対するだろうから。
・子どもが悲しむかもしれないから。
・自分が金銭的に自立するなんて難しいんじゃないか。
・こんなことするなんて効率が悪い。
・今の生活をこのまま続ける方が安全だ…

色んなやらない言い訳を手放して
『出来る』と信じたら
未来がすごく楽しみになっている。
しかも、はるか遠い未来ではなくて
近い未来。来年とか来月とか、明日とか
本当に近い未来、
今からやることが楽しみで仕方がない。

「つまんないけど、我慢してた方がラクだから…」
そう考えていた時間が、もったいなかったなって思う。

ベニシアさんとか、
他の人を羨ましがっているだけの時間が
もったいなかったなって感じる。

ある講義に参加した時に、
講師の先生が参加者に聞いた。
「今死んでしまうとしたら、後悔しない人は?」
私はその時、一つ心残りがあったから
手をあげることができなかった。

だからすぐ、その心残り
『ある人に大好きだと伝えること』はやっておいた。
「はずかしい」とか
「あらためてこれを伝えて何になるんだろう」とか
やらない理由は気にしないことにして。

今、死ぬとして
やり残していると感じることはあるだろうか。
これを考え続けることは
今を精いっぱい生きる事に繋がる。
本当に自分がやりたいと思うことをやる事に繋がる。

「人生をより良くしていきたい」
「もっと幸せになりたい」
これは誰でも願う事なんじゃないだろうか。

最初にも書いたが、
そうなるためには
自分が良いと思うもの
ステキだなと思うもの
やってみたいなと思うもの
それをやってみること。
『自分が行動する』ことでしかたどり着けない。

色んな不安、
「そんなこと、私にはできない」を手放して行動したら
楽しい毎日や、心残りの無い人生が手に入る。

でも誰しも不安があるのは当たり前。
たくさんの「できない」にとらわれて
不安にとらわれて動けなくなっている人に
ちょっと勇気を出してもらいたいと思う。

「口で言うのは簡単だよ」
って思うと思うので、
まずは私が勇気を出して行動してみたいと思う。

「私は今年、重荷になっている人間関係から脱出します」
それを伝えるのも怖いし、
生活がガラリと変わるのも怖いし、
子どものことも心配だし、
お金のこと、仕事、不安を言えばキリがない。
なのに、幸せな未来だけは、ハッキリとイメージできている。

「決心するだけでも、人生って変わるみたい…」
今、分かっているのはそこまで。

もしこの続きが気になるなら
またブログを見に来てくださいね。