人生にワクワクすること

先日子供の学校で運動会が開催され、お弁当を持って見物に行ってきました。
 
天気が良くて(むしろ晴れ渡り過ぎて暑いくらい!)、最高の運動会日和。
 
去年までは保育所だったので、運動会に参加しても午前中で終了し帰宅していたので、運動会のためにお弁当を作るのは初めてのことです。
子供がお弁当喜んで食べてくれるかな、とワクワクと想像を巡らせながらお弁当を作り、食後のフルーツも用意して、お弁当が悪くならないように保冷バッグに入れて飲み物もたくさん用意して…と、自分的には準備万全と思って小学校へ。
 
私は保冷バッグ1つ、紙袋1つで向かったのですが、着いてみると完全に準備不足の類に入るという事が判明しました( ゚Д゚)!
 
皆さんレジャーシートを持ってきているし、
(地域ごとのテントとブルーシート+ゴザが用意されているので、
各自でレジャーシートを持ってくる必要が無いと思ってました。
ゴザが経年変化でボロボロ、上に座るとモロモロと崩れて、服にめちゃくちゃ繊維が付着する。)
 
大きなクーラーボックスをキャリーに載せて引いてきているし
(近くの駐車場はいっぱいで、遠くの駐車場からはるばる歩いてこないといけないので、キャリーがあると便利)
 
アウトドア用の折り畳みチェアはもちろん、
(ずっと地面に座っているとお尻が痛い)

ミニテントまで持参で、木陰の涼しい場所に陣取っています。
(地域のテント下に座ると、太陽の傾きによって日陰部分が少なくなって、運動場の照り返しもあって暑い!!)
 
皆さんの完璧な準備に感心し、折り畳みイス、クーラーボックス、
レジャーシートを買う事を心に決めました…(;^ω^)
 
大家族のおうちはお弁当作りが大変だろうなと思っていたら、
皆でそうめんを食べているご家族も発見。
プラスチックカップに出汁を入れて食べてました。
ゆでるだけでいいから簡単だなぁ…斬新なアイデアです。
 

 
さてさて開会式が始まって、全校生徒がぞくぞくと入場してきます。
うちの子はあいにく遠い場所に居て、座っている場所からほとんど見えなかったのですが、
「一年生で入学したてで、学校に慣れるのに精いっぱいの時期に、頑張って何回も練習したんだろうなぁ。
と思うと感慨深く、特に何でもない光景なのに涙ぐんでしまいました。
 
自分の子供が出ていない競技でも、誰かの一生懸命な姿を見られたのがとても嬉しく感じられます。
 
皆それぞれの大変さを抱えているはずなのに、(例えば走るのが苦手とか、体が弱くて体力が心配とか、運動が嫌いとか、人前に出るのが恥ずかしいとか、団体行動が苦手とか、いろんな子がいるはずです。)そんな中に、純粋に運動が大好きな子も混じって、
学校全体で一つのイベントを成し遂げようとしている姿に感動したのだと思います。
 
私はPTA役員もしているので、午後からはPTA主催競技のお手伝いもありました。
 
生徒さんと違って大人は運動会の練習なんてしていません。ぶっつけ本番です。
なので、どうしても慣れてないグダグダ感が出ちゃってました(;^_^A
でもそれも良しです。一生懸命やった結果グダグダなら、それもOKだと思いました。
 
運動会終了後の片付けまで手伝って、感慨深い一日の終了となりました。
毎日練習して、用意して、大勢の父兄の方を呼ぶ一大イベントを運営してくださった先生方はさぞかし大変だったことと思います。
 

 
ここまで読むと、「運動会楽しくて良かったね。」という何でもない投稿ですよね。ところが!去年までの私と比べると、この反応はもう信じられないくらいの大進歩を遂げての「楽しかった」なのです。
  
実は私、去年までは学校のイベント事が大っ嫌いだったんです。
ここから面倒くさがり屋の駄々が始まりますので、読みたくない方は次の画像部分まで飛ばしてくださいね。

例えば保育参観があれば、
「毎日子供は家に帰ってきてるんだから、何でわざわざ仕事を休んで保育所に様子を見に行かないといけないの?仕事があるから預けてるんだから、勝手に観ててくれたらそれで良いのに。」
 
運動会があれば
「うわー、面倒くさ!!なんで休みの日の自由な時間をつぶして保育所の行事に参加しないといけないの?」
 
夏に夕涼み会があれば
「行きたくない。他のお母さん方がいっぱいいて何話したら良いのか分からない。子供の盆踊りにも先生の出し物にも興味ない。」
 
地域のお祭りのパレードに参加するからと言われれば
「わざわざ混んでる場所に行くのは嫌だから、(自分の子が出てるのにも関わらず)パレードは見ないで指定されたお迎えの時間に迎えに行けば良っか。」
 
遠足があると言われれば「お弁当作り、面倒くさ!」
親子遠足があるから来てくださいと言われれば
「絶対行きたくない!勝手に行ってきてくれよ~”(-“”-)”」
 

 
もう何もかも、全部が嫌でした。
イベントには自分のやりたいことの邪魔をされているとしか思えませんでした。
 
その私がこんなに運動会を楽しめたのは、宇宙の仕組みを理解し、被害者意識を手放せたからです。
 
私たちはちゃんと目的があって生まれてきていて、すべての経験には意味があることを理解したからです。
 
このブログを読んでくださっている人の中に、「生きるのが面倒くさい」「他人に邪魔されたくない」と思っている、過去の私のような生き方をしている方がもしいましたら。
全ての出来事にワクワクして、人生を楽しむことができる観念があるとしたら、それを知ってみるのも良いかもしれないと思いませんか。
 
生きるのが楽しくなる観念を自分の選択で選べるとしたら、そしてその結果、本当に人生が楽しくなったら?
 
私の周りで起きる出来事は変わっていません。
私のこれまで生きてきた経験も変わっていません。
でも私は観念を、考え方を変えるだけでこんなにも楽しく過ごせるようになりました。
 
ただただ生活に追われて過ごしてしまっている悩み多き方々が、目標を持って前向きに、そして楽しく生きられるように助けることができれば、私にとってこれ以上の幸せはありません。
 

 

ちょっと視点を変えるだけで感じられる幸福感を、
是非たくさんの方々にも感じてもらいたいと思います。
 
生きるのがちょっと楽になるヒントを書いた
メルマガを配信しています。
幸せを感じる為のきっかけを見つけていただけましたら幸いです。

メールアドレス: (必須)


 
セッションのお問い合わせはこちらからお願いします。
 

「被害者意識」を手放す

こんにちは、スピリチュアルライフコーチ・宮西万理です。
 
皆さん、自分が「被害者意識」を持っているかどうかって
意識されたことありますか?
 
これ、けっこう知らず知らずのうちに持っていたりするんです。
この被害者意識を認識して手放すと、人生観が変わります。
 
私は最近、自分の中の被害者意識に気が付く出来事がありましたので、
それについてお読みいただきたいと思います。
 

 
私は大学生の時に、とても学びの多い時期を過ごしました。

実は最近まで、その時起こった出来事に対して
「あの時、○○さんにあんな風に言われたから、私は××させてもらえなかった。」
という思いを長年持っていました。
 
その○○さんが悪い人だとは思っていませんでしたが、
言い方や指導の仕方が悪かったために、自分はすっかり
自信を無くしてしまったのだと思っていました。
 
何をしても怒られていたので、卒業間際になる頃には
「こんなに役に立たない自分は死んだら良い」
と全ての自信がくじかれた状態で人生に絶望していました。

 
あの人のせいで私は自信を失った。
あの人のせいで私は大学院に行けなかった。
あの人のせいで卒業式に親を呼べなかった。
あの人があんな言い方したから、
あの人のせいで、あの人のせいであの人のせいで…
 
誰にこの話をしても「それはひどい言われようだったね。辛かったね」
と言ってくれるので、自分には悪い点は無く、周囲の人たちや
環境が悪かったためにひどい経験をしたと考えてきました。
 
それでも私は、自分が被害者意識を持っているなんて思ってもいなくて、
「その時はつらかったけど、今思うと良い経験をしたと思っているし、
私はそんなマイナスな考え方してないよ~!(^^)!」とか思ってました。
 

 
ですが、私が大学時代の思い出を語る時、必ず
「〇〇された」「こんな風に言われた」「△△するのを止められた」
「そのせいで××できなかった」
と語っていることに気が付きました。
 
本当に「良い経験をした」と心底思っていたら、
そんな言い方になるはずがないことに気が付きました。
論理的に考えて、頭では納得いく理由を付けていたけれど
本当には納得していなくて、
大きな被害者意識を持ったままだったことに気が付きました。
 
でも何度考えて直してみても、どうしても
「あの人がああ言ったから私は…」という意識が手放せません。
 
被害者意識を持っていることを認識してみると、
こんなマイナスな考え方をしていることが恥ずかしくて、
もっと前向きに人生をとらえたくて「一体どうしたら…」と考え続けました。
 
そして、ふと
「じゃあもし、この大学自体の経験をしていなかったとしたら?」
と思いました。
 
その時に私は心底、気が付きました。
「この経験は自分に必要な経験だった。」
 
この経験があったから、今自分が人に接する時、
相手の考えや気持ちを聞いて、その人の性格を把握して、言い方を考えて
その人が分かるように話そうとするようになったことに気が付きました。

成功の可能性が少なかろうが、その人がやりたい事に自由に挑戦し、
自ら成功や失敗を経験して、実体験から学ぶ機会を絶対に止めないようになりました。
 
感謝を感じたら手紙を書いたり、
仲が良い人とも嫌いな人とも連携を取って
団体で活動するという経験をさせてもらいました。
本来1人が好きで団体活動が苦手な私は、強制されない限り
自らそんな環境に飛び込むなんて挑戦は、絶対にしなかったと思います。
 
数え上げたらきりがないほどに、私は与えてもらっていたのです。
 
思い出すたびに恨みがましく思っていたその人に、心から感謝が浮かびました。
私に必要な経験を与えてくれてありがとう、と。

恨んでいたあの人は、一瞬で恩人に変わりました。
 
辛かった思い出が消え、恨んでいた人がいなくなり、人生に感謝しました。
そして、こういう人生を歩ませてくれた神様にも。
 


 
今までと違う視点を知って、重い感情を手放せることがあると想像してみて下さい。
人生がより良く、より楽しいものに変えられるとしたら?

また、既に楽しい人生を送られている方。
より楽しい人生を送れる可能性があるかもしれないと考えてみてください。
新しい観念を知ってみるのも良いかもしれないと思いませんか?
 
被害者意識を手放した今、被害者意識や恨みの心を持ったまま生きる事は、
最高の幸せではないと私は確信しています。
 
 

ちょっと視点を変えるだけで感じられる幸福感を、
是非たくさんの方々にも感じてもらいたいと思います。
 
生きるのがちょっと楽になるヒントを書いた
メルマガを配信しています。
幸せを感じる為のきっかけを見つけていただけましたら幸いです。

メールアドレス: (必須)


 
セッションのお問い合わせはこちらからお願いします。