「被害者意識」を手放す

こんにちは、スピリチュアルライフコーチ・宮西万理です。
 
皆さん、自分が「被害者意識」を持っているかどうかって
意識されたことありますか?
 
これ、けっこう知らず知らずのうちに持っていたりするんです。
この被害者意識を認識して手放すと、人生観が変わります。
 
私は最近、自分の中の被害者意識に気が付く出来事がありましたので、
それについてお読みいただきたいと思います。
 

 
私は大学生の時に、とても学びの多い時期を過ごしました。

実は最近まで、その時起こった出来事に対して
「あの時、○○さんにあんな風に言われたから、私は××させてもらえなかった。」
という思いを長年持っていました。
 
その○○さんが悪い人だとは思っていませんでしたが、
言い方や指導の仕方が悪かったために、自分はすっかり
自信を無くしてしまったのだと思っていました。
 
何をしても怒られていたので、卒業間際になる頃には
「こんなに役に立たない自分は死んだら良い」
と全ての自信がくじかれた状態で人生に絶望していました。

 
あの人のせいで私は自信を失った。
あの人のせいで私は大学院に行けなかった。
あの人のせいで卒業式に親を呼べなかった。
あの人があんな言い方したから、
あの人のせいで、あの人のせいであの人のせいで…
 
誰にこの話をしても「それはひどい言われようだったね。辛かったね」
と言ってくれるので、自分には悪い点は無く、周囲の人たちや
環境が悪かったためにひどい経験をしたと考えてきました。
 
それでも私は、自分が被害者意識を持っているなんて思ってもいなくて、
「その時はつらかったけど、今思うと良い経験をしたと思っているし、
私はそんなマイナスな考え方してないよ~!(^^)!」とか思ってました。
 

 
ですが、私が大学時代の思い出を語る時、必ず
「〇〇された」「こんな風に言われた」「△△するのを止められた」
「そのせいで××できなかった」
と語っていることに気が付きました。
 
本当に「良い経験をした」と心底思っていたら、
そんな言い方になるはずがないことに気が付きました。
論理的に考えて、頭では納得いく理由を付けていたけれど
本当には納得していなくて、
大きな被害者意識を持ったままだったことに気が付きました。
 
でも何度考えて直してみても、どうしても
「あの人がああ言ったから私は…」という意識が手放せません。
 
被害者意識を持っていることを認識してみると、
こんなマイナスな考え方をしていることが恥ずかしくて、
もっと前向きに人生をとらえたくて「一体どうしたら…」と考え続けました。
 
そして、ふと
「じゃあもし、この大学自体の経験をしていなかったとしたら?」
と思いました。
 
その時に私は心底、気が付きました。
「この経験は自分に必要な経験だった。」
 
この経験があったから、今自分が人に接する時、
相手の考えや気持ちを聞いて、その人の性格を把握して、言い方を考えて
その人が分かるように話そうとするようになったことに気が付きました。

成功の可能性が少なかろうが、その人がやりたい事に自由に挑戦し、
自ら成功や失敗を経験して、実体験から学ぶ機会を絶対に止めないようになりました。
 
感謝を感じたら手紙を書いたり、
仲が良い人とも嫌いな人とも連携を取って
団体で活動するという経験をさせてもらいました。
本来1人が好きで団体活動が苦手な私は、強制されない限り
自らそんな環境に飛び込むなんて挑戦は、絶対にしなかったと思います。
 
数え上げたらきりがないほどに、私は与えてもらっていたのです。
 
思い出すたびに恨みがましく思っていたその人に、心から感謝が浮かびました。
私に必要な経験を与えてくれてありがとう、と。

恨んでいたあの人は、一瞬で恩人に変わりました。
 
辛かった思い出が消え、恨んでいた人がいなくなり、人生に感謝しました。
そして、こういう人生を歩ませてくれた神様にも。
 


 
今までと違う視点を知って、重い感情を手放せることがあると想像してみて下さい。
人生がより良く、より楽しいものに変えられるとしたら?

また、既に楽しい人生を送られている方。
より楽しい人生を送れる可能性があるかもしれないと考えてみてください。
新しい観念を知ってみるのも良いかもしれないと思いませんか?
 
被害者意識を手放した今、被害者意識や恨みの心を持ったまま生きる事は、
最高の幸せではないと私は確信しています。
 
 

ちょっと視点を変えるだけで感じられる幸福感を、
是非たくさんの方々にも感じてもらいたいと思います。
 
生きるのがちょっと楽になるヒントを書いた
メルマガを配信しています。
幸せを感じる為のきっかけを見つけていただけましたら幸いです。

メールアドレス: (必須)


 
セッションのお問い合わせはこちらからお願いします。